【A班夏山】第三弾 唐松岳・五竜岳(2017/9/08-10)

日程9月8日(金)~10日(日) 天候:毎日晴れ メンバー:7名 (CL:杉さん)

行程:8日 新大阪(6:33) ➡JR➡名古屋(7:22/8:00)➡しなの3号➡松本(10:06/10:27)➡あずさ3号➡(11:27)白馬➠タクシー(5分)➠ゴンドラとリフト2本➠八方池山荘(12時36分)~(13時20分)八方池~(15時40分)唐松岳頂上山荘(泊)

9日 山荘(4時40分) ~唐松岳のご来光見に往復、朝食、山荘(7時26分)~牛首の鎖場~五竜山荘(10時30分/昼食/11時35分)~(12時31分)五竜岳~(14時4分)五竜山荘(泊)

10日 山荘近くの白岳でご来光。朝食、五竜山荘(7時15分)~(8時56分)大遠見山~(9時30分)中遠見山~小遠見山~(11時9分)ゴンドラ乗場➡テレキャビン➡エスカルプラザ(11時40分/入浴/食事/14時)➡タクシー➡神城駅(14:58)➡しなの84号~名古屋(18:48/19:09)➡ひかり➡(20:00)新大阪

【感想】往復乗り物で非常に楽してアルプスの大展望を楽しみました。但し牛首のクサリ場と五竜岳の頂上直下の岩場。ここは岩場通過訓練が必須です。今回は天候、体力と親切心に溢れたメンバーに恵まれて自分の山行歴で一番位のいい想い出になりました。見渡す限りの大展望、満天の星空、雲一つ無い空に真っ赤な雲がたなびき、その後ご来光、大雲海、快晴の空の下の稜線歩き、程よい緊張の岩場歩き、ライチョウの親子、ほぼ一人に布団一枚で眠れた小屋、美味しくてお替わりした小屋食、毎日の楽しい宴会、途切れることのないお花の歓迎、ゆっくり入浴と大満足でした。 【写真上は小遠見山からの展望、下は牛首の鎖場】

【投稿 A班 恒吉】