初級登山学校「修了山行」@天狗岳

日程:2017/9/9(土)-9/10(日)
山域:八ヶ岳
目的地:天狗岳
メンバー:コーチ2名、初級登山学校生徒7名
行程:
9/9】新大阪 集合(6:39)==<新幹線>==名古屋==<特急しなの>==茅野–<タクシー>–渋の湯 (11:50)~渋の湯・唐沢鉱泉分岐(13:20/13:35)~黒百合ヒュッテ(14:30)

9/10】黒百合ヒュッテ(4:30)~中山峠 日の出(4:40/5:20)~黒百合ヒュッテ 朝食(5:30/6:30)~天狗の奥庭(6:50)~東天狗岳(8:00/8:20)~西天狗岳(8:40/9:05)~東天狗岳(9:20)~中山峠(10:35)~黒百合ヒュッテ テント撤収(10:40/11:30)~中山峠(11:35)~ニュウ(13:00/13:15)~青苔荘(15:00)~白駒池駐車場 下山(15:10)–<バス>–茅野==<JR>==上諏訪 風呂==<JR>==塩尻==<特急しなの>==名古屋==(新幹線)==新大阪(22:20) 解散

【1日目】
とうとう、というかやっと
017初級登山学校の修了山行の日を迎えました。
コーチ2名を含む、9名が新大阪に集合。皆、予定通りに改札前に集合。これから始まる旅に楽しみな中にも少し緊張した顔をしてる感じです。会計さんが、座席を指定して茅野までの切符を買ってくれます。使い慣れない普通乗車券、特急券のセットにとまどいます。

名古屋からの特急しなのは指定席が満席でしたが、自由席になんとか座れました。これ、座れないと地獄ですね”(-“”-)”

茅野で予約していたアルピコタクシーさんが改札で予約の名前を掲げて待ってくれてました。トランクはザックがはみ出します。

 

入山は渋の湯からです。登山道は苔の森とは聞いており苔も確かに多いのですが、火山の名残のゴロゴロした岩も多く、テント泊装備を背負った足にはなかなかしんどいです。今日は宿泊地にたどり着ければいいので、ゆっくり着実に歩きます。
途中すれ違う人生の先輩方が、デカザックを見て「うらやましいわ~」と言ってくださるのに励まされながら(^^)/

本日の宿、黒百合ヒュッテです。これが女子に人気の小屋なのね。もちろんテント泊ですけど。

 

今日は、FUちゃんの誕生日。たぶん、だれも誕生日おめでとう、と言ってくれないので不自然に思ってたんではないでしょうか。すべてはこのサプライズのためだったのです。

ロールケーキにホイップクリーム、桃・ラズベリーのトッピングたっぷり。おめでとうございます!

 

夕食は、トンコツ鍋でした。食担、頑張ってくれました。豚肉→とり肉→ワンタン→ラーメンの4ステップ変化です。素晴らしい。ケーキを食べたはずなのに、9人の胃にあっという間に吸収されていきます。

 

その夜、男テントは早々にいびきをかいて就寝、女テントはしばらくおしゃべりに花が咲いたようです。

 

【2日目】
さて、今日が本番です。東天狗岳、西天狗岳に登ります。朝食後、テントを残してアタックザックを背負い、黒百合ヒュッテすぐ横を登り始めます。ガスってまだ景色は見えず、きっと晴れるはず!

 

天狗の奥庭、岩がゴロゴロ。昨日にも増して足場が悪いですが、今日はザックが軽い!高度もUP、気持ちもUP!そのうちにガスが消え、晴れてきた!

東天狗、西天狗岳山頂で八ヶ岳の眺めを堪能し、さんざん記念写真を撮ります。ジャンプを繰り返す変な集団です。青春ですなあ~

 

 

黒百合ヒュッテに戻りテント撤収。また重ザックに戻ります。気になる響きのニュウ、その優し気な響きに反し、岩の上に松の根が這い、歩きにくい。

 

長い単調な下りを下り、足に疲れが出ながら白駒池到着。名残惜しいですが、茅野行きのアルピコバスは最終なので急いで下山しました。

 

帰り、女子のリクエストに応え、上諏訪駅で途中下車して、お風呂に入り、帰阪しました。
帰りの特急しなの、やはり指定席取れず、今度は名古屋まで立ちます。ある意味、山よりもしんどかったぁ~

ということで、2017初級登山学校はこれにて修了です。4月から六甲、箕面、比良の山を歩きまくりました。今年は、入会して即、登山学校で本格的に山登り開始した生徒がほとんどで、皆、夏の歩荷に苦労しました。でも、その苦労が実った修了山行でした。

 

橋口英典