お花見山行@藤原岳

<日程>
2018/3/31 日帰り個人山行

<目的地>
藤原岳(1,144m)@鈴鹿山系

<メンバー>
2014年、2015年、2016年、2017年の初級4世代10名

<行程>
6:15 モンベル梅田ALBi店前集合
6:30 出発
9:00 登山口駐車場着
9:30 登山開始~大貝戸道~11:50 藤原山荘、昼休憩~12:30 出発~12:50 藤原岳~ 13:30 藤原山荘~14:00天狗岩~14:40藤原山荘~聖宝寺道~聖宝寺~16:30 登山口駐車場~帰阪

※ヤマレコより2015初級同期山行に乗っかって鈴鹿の藤原岳(1,144m)に行ってきました。
藤原岳は鈴鹿セブンマウンテンの1つで花の百名山。大阪でも桜が満開のこの日、藤原岳は福寿草が真っ盛りのはずです。

車2台で大阪駅を朝6:30出発。9:00に登山口到着。すでに無料駐車場は満車だったので有料駐車場に止めますが、駐車場を出るとさっそく桜が出迎えてくれます。
ぽかぽか陽気で絶好の花見日和です。

登山道は、9合目まで杉の林を抜けるつづら折れの林道が続きます。
ソロで登ると地味にしんどいですが、人数多いと関係無し。おしゃべりが絶えません。
お目当ての黄色い福寿草が群生していたり、コバイケイソウの緑の立派な葉が固い地面から伸びてきていたり。8合目で別行動で待ち伏せしていた2人と合流し、総勢10名で避難小屋を目指しました。

 

ちょうど12:00に避難小屋に到着。のんびりお昼ご飯にしました。個人的には3月頭の雪山教室の八ヶ岳以来の山行。とても同じ3月の山行と思えません・・・

こんな山頂なのにトイレが新設されており、登山口のリーズナブルな駐車場しかり、
藤原岳を大事にしている地元の思いが感じられますね。

雪がかすかに残り、緑が芽吹くにはまだ早い茶色のゆるやかな平原を花を探しながら山頂に向かいます。写真撮影でなかなか足が進みません。

 

石灰岩で覆われた天狗岩、さきほどまでいた避難小屋、北に続く御池岳をはじめとする山々、山頂はすばらしい眺望です。もう少し後、新緑の季節になったらさらに美しいでしょう。

 

さらに天狗岳に寄り道し、聖宝寺道で下山しました。聖宝寺道は、なかなかにガレガレの急な下り道で、整備はされているものの、滑りやすい道です。聖宝寺に立ち寄る、という目的がなければ、大貝戸道のピストンが安全でいいかもしれません。16:30下山

阿下喜温泉あじさいの里で、お風呂と夕食をすませ、帰阪しました。
花に興味のない人も花を撮影したくなる大満足の花見山行でした。

最後に撮影してもらったお花たちを掲載します!!

by H.Hashiguchi