A班 お花見山行@青根ヶ峰〜吉野山

奈良県吉野郡川上村にある蜻蛉の滝から深緑の静かな山道を辿り、大峰山脈北部・標高858mの青根ヶ峰を越え、吉野郡吉野町:桜の名所

「一目千本」吉野山へ🌸

例年では桜は4月初旬から末にかけて下→中→上→奥千本と、順に開花して長く見頃が楽しめるのですが、今年の桜は早かった!

日時:2018年4月14日(土) 参加者:11名 (A班10名、B班1名)

行程:7:50大阪阿部野橋駅(急行吉野行)=9:18大和上市駅、9:25コミュニティバス=西河10:08着、あきつの小野公園・蜻蛉の滝~トビロ谷出合~12:30青根ヶ峰~12:50休憩所13:30~西行庵・奥千本~高城山~上千本~如意輪寺~16:00吉野駅

大阪を出発し電車とバスに揺られあきつの小野公園に到着。村営のコミュニティバスは先着順で定員 25人。桜の見ごろは過ぎていても登山客でいっぱいで乗車できないグループも。

西河のバス停から少し歩いてあきつの小野公園到着。見応えのある大きな枝垂れ桜がお出迎え♪なんと!まだ咲いていてくれました!風が吹くと花びらが舞いあがり桜吹雪♪

この日一番の桜でした。

 

枝垂れ桜、八重桜、シャクナゲも咲いていました♪桜を満喫した後は高さ約50mもある蜻蛉(せいれい)の滝を下から上からいろんな角度から眺め、ようやく出発。

 

音無川のせせらぎを聴きながらようやく芽吹いた新緑の樹林帯をゆっくり歩きます。トビロ谷出合を過ぎ急登の途中で開けた展望。関西のマッターホルン高見山も見えました。足元も歩きやすく気持ちの良い道でした。

 

12:30青根ヶ峰到着。山頂は展望はなく狭い場所にすでに到着した数グループがランチタイムで賑わっています。お腹も空いていましたが、ちょっと先へ進み休憩所がある所でお昼休憩。木を切って桜を植え替えているのでちょっと景観は、、ですが広くて見晴らしは良いです。数年後は一面の桜のピンク越しに大峰の奥深い山々を見ることができるでしょう。

桜の代わりに吉野名物さくら羊羹でお花見しながらお昼ご飯の後のお茶タイム。吉野葛の中に塩漬けされた桜の花が入っていて甘さと塩味が絶妙♪ (吉野駅前で購入しました

   

休憩後は西行庵に立ち寄り。広々して展望が良くここでお昼休憩すれば良かったな~と。奥千本の桜はすでに散っていましたが山桜の葉のうっすらピンクのグラデーションと深い緑の山肌との対比が綺麗でした。ここは紅葉の時期にもまた訪れたいですね。

上千本では高城山で遠くに二上山、葛城山を眺め、水分神社ではまだ咲いていた美しい枝垂れ桜の古木、花矢倉展望台からは吉野山の全景と蔵王堂までが一望できます。10日前には桜満開でポスターで見る様な光景が目の前に広がっていたはずですが、タイミングは難しいですね。

(2週間前の写真はこちら ↓ 所々ピンクです)

ここからは一般の観光客も増えるので静かな山道を歩き如意輪寺を経てささやきの小路から吉野温泉前を通り吉野駅へ。途中まだ残っていた枝垂れ桜や八重桜、ミツバツツジ、シャクナゲ、木蓮、レンギョウ、シャガ、スミレなど、たくさんのお花に会えました(´ー`)

【 投稿者:A班ひまわり山行CL み 】