雪の大普賢岳

去年のお正月に大雪で途中トレースなくなり小普賢岳までで撤退した大普賢岳。

今年は雪が少ないので同じ条件ではないけれど、大普賢岳山頂直下を直登し、ついでに和佐又山にも登り、雪山大普賢岳リベンジできました。

2019年1月5日(土)

メンバー:A班2名、B班1名、C班2名

8:00和佐又ヒュッテ~8:20和佐又のコル~9:00笙の窟~11:10大普賢岳山頂11:30~14:20和佐又のコル~14:30和佐又山山頂~15:00和佐又ヒュッテ

和佐又のコル。雪少ないです。。うむむ。。

笙の窟(いわや)でアイゼン装着。

氷柱も小さく、ガスガスは去年と同じ。。幻想的です。

去年はここが吹き溜まりになっていてトレースなくなりロープ出しましたが、去年と秋の経験を踏まえ、今年はバッチリです。

小普賢岳の分岐を過ぎると雪が増えてきましたよ!

むき出しの梯子では前爪だけで登る練習したり、鎖場をいくつか通り山頂直下へ。

直登ルートは斜度がありますが草や枝など掴める物は頼ります。

夏道ルートと合流し、11:13大普賢岳山頂へ。

展望はないので即下山。直登した所を下りるのはあっという間。風を避けながら大休止、のち下山。

朝からずっとガスガスで更に幻想的です。

名残惜しく雪を全身で楽しみ、この後和佐又山へ寄り道。

楽しい1日でした!

和佐又山山頂からの下山路は動物の足跡を追いかけていたようでくねくねでした

【⠀A班:み ⠀】