【A班おおぞら山行】六甲アルプス~地獄谷東尾根

年月日:2019年3月9日(土) 天候:晴れ 風:冷たくやや強い
参加者:A班12名
行程:神鉄六甲駅 9:00→古寺山 10:05→六甲アルプス入口 10:40→地獄谷東尾根分岐 11:40→(昼食)→地獄谷合流 13:20→神鉄大池駅 14:00

今日は楽しみにしていた六甲アルプス。初めてのルートはいつもドキドキわくわく。期待を膨らませながら神戸電鉄に揺られて神鉄六甲駅へ。天気は晴れ。気分も晴れ。いざ出発。
市街地を20分程歩き、まずは古寺山に向かいます。本日最初の登り道。先週まで雪山教室で冬靴+アイゼンで歩荷していた効果でしょうか、今日は足が軽やかに上がっていきます。10時過ぎ、古寺山の山頂に到着。山頂の大きな岩に「修行岩」の銘板が。どんな修行をしたのでしょうか?古寺山を下り、裏六甲ドライブウェイを少し歩いていよいよ六甲アルプスへ。
最初は樹林帯の急登をひたすら登ります。これが結構きつい。さっきまでの軽やかさが、、、心地良い筋肉の疲労感の中、開けた明るい場所に。360度の眺望、なかなかの景色。さて、ここからがアルプスと呼ばれる所以。岩場の登り下りが続きます。階段を登るのは全く楽しくないですが、岩場は本当に楽しいですね。本日の核心はロープ場の下りでしたが、ロープなしでも大丈夫でした。六甲アルプスを楽しんだあとは地獄谷東尾根で帰路につきます。尾根道は風が強く、帽子が吹き飛ばされそうなところもありました。その後、市街地を歩いて神鉄大池駅に到着。今日は短めの行動時間でしたが、内容の濃い山行だったと思います。おかげで昼の早い時間からゆっくり反省会も楽しめました。


修行岩


六甲アルプスの急登


もうすぐ山頂?


ロープの岩場


風が強い!


地獄谷コース案内板

投稿:A班 KE