白く明るく美しい「愛知川渓谷」

白く明るく美しい愛知川渓谷(神崎川本流)沢登り
C斑例会+豊中労山交流会

日付:2019年8月3日~4日
メンバー:C斑11名 / B斑2名 / A斑7名 合計20名
天気:晴れ
ルート:堤防入渓口 – カラト谷合 – ツメカリ谷出合 – 白滝谷出合 – 天狗滝5m(折返し)
歩行時間:8時間(休憩時間含む)

神崎本流の愛知川渓谷は、白く明るい花崗石の谷が美しく、やがて瀞や瀑流となり景観の変化を見せてくれる。思いっきり水と戯れるキャニオニングがとても面白い沢です。

8月3日(土曜日)
黄和田キャンプ場で前泊。美味しい但馬牛をメインにして、バーベキューやすき焼きで盛大に交流会が盛り上がりました。

8月4日(日曜日)
黄和田キャンプ場を6時に出発し、入渓地点で装備を整えて出発。入渓地点の取水堰堤。これを見ると愛知川に来たという実感がする。

花崗岩の白亜の巨石の合間を縫って進んで行く。すると、20分程で、何時もの長い淵に出くわした。その後も連なる白い巨体の合間の流れに沿って進んで行くが、一寸した淵等では、透明感抜群の水面が皓々たる並の姿を投影して、とっても綺麗。

(記・写真:C班 小前)